御教歌(ごきょうか)とは?

 

 仏さまの教えは奥が深く、我々凡夫には馴染みの薄いお言葉や難しい文字が出てきますので、非常に取っ付きにくい印象があるかもしれません。

けれども、仏さまのお心は大きな慈悲のお心であり、私たち凡夫が幸せになっていく「道しるべ」を示してくださっています。

その「道しるべ」を分かりやすくどんな人でも聞けるように、長松清風(ながまつせいふう・江戸~明治時代)というお方が、短歌にして伝えていかれたのが「ご教歌」です。