無財の七施

 

 

 仏様のお教えに

「仏説(ぶっせつ)に七種(しちしゅ)の施(ほどこ)し有り。財物(ざいもつ)を損せず大果報(だいかほう)を獲(う)る。」

とあります。

これは、お金をかけずして功徳(くどく)が積め、大きな果報が得られるというお布施が、七種あるということです。

これを掲げてみます。

一、 眼施(がんせ)

これは、眼を施す、ということで、優しいまなざしで人に接し、人に暖かみを与えることです。

相手に好感をもたらす「まなざし」です。

諺にも

「眼は心の鏡」「眼も口ほどに物を言う」

とありますように、眼を見れば、その人の人間性が顕れるものである、ということです。

冷たい「まなざし」より、優しい「まなざし」を心がけていくことが大切です。

一、 和顔施(わがんせ)

これは、「柔和な顔」を施すということで、なごやかで優しい顔つきで人に接することです。

顔の表現ひとつで、相手に敵意を抱かせるでしょうし、警戒心や不安を起こさせることになります。

「柔和な顔」は、人に喜びや安心感を与えます。

ですから、「柔和な顔」を施していくことが大切なことです。

一、 言辞施(ごんじせ)

これは、愛語施(あいごせ)ともいいます。

字の如く、言葉のお布施です。

相手と話をする時、優しい言葉や暖かみのある言葉で話していますと、相手に優しさ、思いやりが伝わり、安らぎを与えていくのだと思います。

昔から、「言葉は身の文(あや)」といいますように、言葉は、その人の品格をあらわすといわれております。

表面上の言葉ではなく、心からの「真実味のある言葉」が大切です。

一、 身施(しんせ)

これは捨身施(しゃしんせ)ともいいます。

自分の体を使って、他のためにさせていただくことです。

諺に

「実るほど頭のさがる稲穂かな」

とありますように、人として人格の優れた人ほど謙虚で、決して自分を誇張して見せないものです。稲穂が実れば自然と頭が垂れてくるように、人格の優れた人ほど人に対しても頭が低いものです。

その人格を磨き上げていくためにも、自分の体を使って、他のためにさせていただく「身施」は大切なことです。

一、 心施(しんせ)

これは、心のお布施です。

人に対して「まごころ」を込めてさせていただく。

「誠意」を持ってさせていただく。

ということです。

「心配り」とか「気配り」とかいいますが、相手を思いやっての、「心尽くし」というのは、相手を非常に暖かくして差し上げることだと、思います。

心からの施し・・とても大切なことです。

一、 床座施(しょうざせ)

これは、相手に席・場所などを施すお布施です。

例えば、電車やバスで困っている方に席を譲ったりすることです。

先日、「徳を積むこと」(二月十二日)に掲載しましたように、

「徳は人にゆづりて、苦労は我に引うくるやうにする」

ということですが、この「徳を人にゆづる」ことも、床座を施すことになるのです。

そのための難儀・苦労は大切なことです。

一、 房舎施(ぼうしゃせ)

これは、雨・風を凌ぐところを人に与えることです。

例えば、雨・風が強い日に、一本の傘に二人入ってたとします。その時自分は、半身濡れながらでも相手を気遣い、傘を差し掛ける思いやりのことです。

自分のことは置いてでも、相手のことを思いやって行動していく、このことは大切なことです。

以上、「無財の七施」を挙げましたが、全て人を思いやっていくところに、「七施」があり、そこに「功徳」があるわけですから、そこをお間違えのないように、くれぐれも「こころして」いきたいものです。

この「無財の七施」を自分自身が、身に付けていけば、きっと素晴らしい「徳」をそなえた「人格者」になっていけるのだと思います。