松の木のおはなし

仏様の教えの中に、こういうお話があります。

 


ある日、仏様は一人の男と歩きながら、次のような話をされたのです。


仏様


「あなたは、私のことを信じているのですか?」



「はい、仏様の云われる事、全て信じております。」


仏様


「なるほど、あなたは立派な方です。」



「・・・・・」


仏様


「それでは、あの崖っぷちに突き出ている松の木に上ってみなさい。」



「はい」


このとき男は、まあ上るぐらいだったらいいだろう・・の気持ちだったのです。


ところが、実際上って下を見てみると、そこは大変危険な場所で、一歩足を踏み外すと断崖絶壁の海なのです。


男は、慌てて松ノ木から下りようとしていると、


仏様は


「その松の枝にぶら下がって御覧なさい。」と云われるのです。


このとき男は、仏様は何てことを云われるのだろう・・と疑問を持ち始めるのです。


でも、仏様の言葉だから仕方なく、ぶら下がるのです。


下をみると、もう恐ろしいものですから、すぐさま松ノ木に掴まろうとした時、


仏様は


「その片手を放して御覧なさい。」


と云われるのです。


このとき、さすがの男も咄嗟に


「仏様は私を殺す気ですか!」


と言って怒ったのです。


それに対して仏様は


「あなたは、さきほど言いましたね・・私の云うことは何でも信じると・・あれは嘘だったのですか?」


そう云われると、確かに自分で言った言葉であるが故に、この男は何も言えなかったのです。


男は仕方なく、片手を放したのです。


更に仏様は


「その片手の指を一本ずつ放しなさい。」


と云われるのです。


このとき男は、初めて腹をくくったというのです。


「もう仏様の云われるとおりにしよう・・もうどうなってもいい・・」


と思い、指を一本ずつ放していったら、案の定、海へ落ちていったのです。


と同時に、その時仏様の救いの手が差し伸べられた・・・


というお話です。

 

この男は私達凡夫を指しておられるのです。

 

松ノ木にしがみついている姿を、自分考えに固執している我々に喩えてお

 

られるのです。

 

私達には「見惑(けんわく)」「思惑(しわく)」という思慮・判断の迷いがあるといわれております。

 

その時その時で判断しなければいけない時、「見惑」「思惑」のために思いがけない判断ミスをしたりすることだって、あり得るのです。

 

 

自分悟りを止めて、流れに身をまかせていくところに、自分自身が楽になっていく因(もと)があるのです・・・

 

 

ということを教えて下さったお話です。

 

私達凡夫は、あの男同様に松ノ木にしがみついていないと、落ちてしまい死ぬかもしれない・・と考え、一生懸命踏ん張っていることが多いのかも知れません。

 

でも、松ノ木にしがみついていること自体に迷い・苦しみがあるのであれば、手を放したらかえって楽になれるのでしょうから・・

 

そのことに早く気がつくことが大事なことだと思います。

 

「流れ渡りにせよ」・・という言葉を聞いたことがありますが、まさしく、

 

生きていく上で大切な「教訓」だといえます。