法華初心成仏鈔(ほっけしょしんじょうぶつしょう)

 

問うく、八宗九宗十宗の中に、(いず)れか釈迦仏(しゃかぶつ)へるなるや。

 

へて(く、

 

法華宗釈迦所なり。

 

その己説(いせつ)今説(こんせつ)當説(とうせつ)には法華経第一なりとふ。

 

釈迦仏の立て御語(みことば)なり。

 

法華経をば(ぶつりゅうしゅう)ひ、又は法華宗(ほっけしゅう)ふ。

 

天台宗(てんだいしゅう)ともふなり。

 

故に伝教大師(しゃく)く、天台所釈(てんだいしょしゃく)法華宗は、釈迦尊所立(しゃかせそんしょりゅう)宗とへり。

 

法華より(ほか)には、全く己今當(いこんとう)なきなり。

 

己説(いせつ)とは法華より(いぜん)の四十余年のふ。

 

今説(こんせつ)とは無量義経(むりょうぎきょう)ふ。

 

當説(とうせつ)とは涅槃経(ねはんきょう)ふ。

 

この三説法華経ばかり成佛(じょうぶつ)するなりと定めへり。

 

余宗(よしゅう)(ねはん)ひて、或は菩薩人師建立(こんりゅう)するなり。

 

御掟(ごじょう)きて、菩薩人師の立てたる(もち)ゆべきか。

 

菩薩人師(ことば)きて、の立てへる(もち)ゆべきか。

 

(いず)れをもひに我がせて、あらん経法(きょうほう)(たも)つべきかと(ところ)に、(これ)(しろ)(め)して、末法五濁(まっぽうごじょく)に、真実道心(どうしん)あらん人々の(たも)つべきを定めへり。

 

 

(よっ)(よ)らざれ、(ぎ)(よっ)(ご)(よ)らざれ、(ち)(よっ)(しき)(よ)らざれ、(りょう)義経(ぎきょう)(よっ)不了(ふりょう)義経(ぎきょう)(よ)らざれ」(もん)

 

(もん)は、菩薩人師(ことば)には(よ)るべからず。

 

御掟(ごじょう)(もち)ひよ、華厳阿含般若経真言禅宗念仏には(よ)らざれ。

 

義経(りょうぎきょう)(たも)つべし。

 

義経ふは法華経(たも)つべしと(もん)なり。